News

【期間限定】BlackLion Audio コンプレッサーをご利用いただけます!

MI7様のご協力により、期間限定でお試しいただけます。
是非お試しくださいませ。

BlackLion Audio コンプレッサー(2022年9月1日~)

BlackLionAudioは、オーディオ再生と強化に関わる人々に多額の出費を課すことなく使用機材のサウンド・クオリティを アップグレードさせる機会を提供すべく設立しました。
当初はモディフィケーションに焦点を置いて取り組んできましたが、後に独自のカスタム機材の開発、製造へと拡大し、これら全てがシカゴで行われています。
デザイン、パフォーマンスともに 卓越した製品を開発しスペシャルなプライスで提供するのがBlackLionAudioの目標です。

・Bluey
グラミー受賞エンジニア、クリス・ロード・アルジ氏が所有する 4台の1176BlueStripeコンプレッサーの中で、独特の魅力を放つ BLUEYと名付けられた特別なユニットを製品化! それがBlackLionAudioのBlueyです。

協力:MI7(代理店)
https://www.mi7.co.jp/

BlackLion Audio メーカーサイト
https://www.blacklionaudio.com/

News

【期間限定】Austrian Audio マイクロフォンをご利用いただけます!

MI7様のご協力により、期間限定でお試しいただけます。
是非お試しくださいませ。

Austrian Audio マイクロフォン 

オーストリアン・オーディオは2017年7月1日にオーストリアのウイーンで創業しました。
かつてのウィーン拠点が閉鎖された後、私達は新しくて挑戦のしがいのあるもの、そして受け継いだ伝統を尊重したものを 創り出そうと決意したのです。
AKGに在籍していた22名でコアとなるエンジニアリング・チームを構成し、分野は音響学、電子工学、検査/測定、機械デザイン、無線周波/ワイヤレス、ソフトウェア/ファームウェアまで多岐に渡ります。

・OC818
世界初のワイヤレス・コントロール・オプションを備えたマルチパターン&デュアル出力コンデンサー・マイクロフォン

・OC18
CKR6シングル・セラミック・カプセルを搭載した単一指向性コンデンサー・マイクロフォン

・CC8
スモールダイアフラム・コンデンサー マイクロフォン

・OC707
ハンドヘルド型トゥルー・コンデンサー マイクロフォン

・OD505
ハンドヘルド型アクティブ・ダイナミック マイクロフォン

協力:MI7(代理店)
https://www.mi7.co.jp/

Austrian Audio メーカーサイト
https://austrian.audio/

News

俳優座劇場インタビュー動画(Ast収録)が公開されました。

Astにて収録いただいた、俳優座劇場 音楽劇『人形の家』スタジオインタビュー動画がYouTubeにて公開となりました。

【音楽劇人形の家】音楽・作曲 上田 亨スタジオインタビュー file.1/2

音楽劇『人形の家』は、明日より公演となります。

俳優座劇場プロデュースNo.116
音楽劇『人形の家』

2022年9月8日(木)~11日(日)
六本木俳優座劇場
http://www.haiyuzagekijou.co.jp/produce

News

【期間限定】Thermionic Culture アウトボードをご利用いただけます!

ミックスウェーブ様のご協力により、期間限定でお試しいただけます。
レコーディングに使用しなくても結構ですので、是非お試しくださいませ。

Thermionic Culture(サーミオニック・カルチャー) アウトボード

レコーディングエンジニアのVic Kearyによって設立されたイギリスの老舗アウトボードブランド
Thermionic Cultureは真空管の魅力に取り憑かれたVic Kearyによって英国で1998年に設立されたメーカーです。
Made in Englandにこだわり、伝統的なポイントトゥポイント配線で仕上げられるThermionic Cultureのプロダクトは真空管への拘りと情熱に満ちあふれています。
大量生産されるソリッドステート機器とは一味違います。
真空管が生み出す素晴らしいサウンドは、その特性を知り尽くしたプロフェッショナル達にしか創ることは出来ません。
Thermionic Cultureはそれが実現出来る数少ないメーカーの一つです。

協力:ミックスウェーブ(代理店)
https://www.mixwave.co.jp/dcms_plusdb/index.php/search?category=Professional+AUDIO&cell002=Thermionic+Culture&sort=cell001&order=desc

メーカーサイト
https://www.thermionicculture.com/

・Culture Vulture
Thermionic Cultureを代表する名機とも言えるCulture Vultureは、未だに唯一無二のチューブディストーションユニットの名機として君臨しています。
シンプルかつ直感的なコントロール性を持ちつつ、幅広いサウンドメイキングが可能な名機、Culture Vulture。ウォームなチューブサウンドから、激しいドライブサウンドまで、ディストーションという音の海原を自由に泳ぎます。

・Culture Vulture Super 15
Culture Vulture Super 15はVultureシリーズのアップデートバージョンです。
7タイプのディストーションモード等、以前リリースされた11thアニバーサリーエディションの持つ全ての機能をフィーチャーしながら、新たに2ポジションのプレゼンス・スイッチが追加されています。

・Snow Petrel
開発段階から用いられているColes 4038との相性は抜群です。UK、ノルウェイ、フランスでのフィールドテストを重ね、スーパークリーンなローノイズのプリアンプセクションが生み出すクリアな高域特性と、倍音豊かなローエンドはリボンマイクの特性を余すことなくドライブします。
クリーンでありながら、リボンをドライブするに十分な最大75dBという高いゲインレンジと、Airスイッチが生み出す高域のオープンなサウンド。
リボンマイクのサウンドを更に一つ上のステージへと押し上げます。入力インピーダンスはHI/Lo (2400Ω/850Ω)から選べます。
-20dB Pad、ローカットフィルター、+48Vのファントム電源も完備しています。

・Phoenix SB
名機として国内外問わず導入実績のあるPhoenixに改良を加えたモデルがこのPhoenixSBです。
サイドチェインを搭載したPhoenix SCにHTスタンバイスイッチが追加されました。
ソフトニーで、Variable-Muの特性を持ったスムースなコンプレッサーで、レシオは1.2:1から5:1(15dBコンプレッション時)までリニアに可変します。
厳選された真空管と回路が生み出すそのスムーズな特性と共に、ハードなコンプレッションで得られるハーモニックディストーションも魅力の一つです。
多くのユーザーがこの方法でボーカルやギター等にウォームで活き活きな表情を与られることを知っています。
更にスタンバイモード時にはSymmetrical(対称)ディストーションが発生し、アナログテープをオーバーロードしたようなサウンドが得られます。
これはスタンバイモード時のコンプレッションカーブの特性によるもので、Phoenixの裏技的な使用方法の一つです。

・Kite
Kiteは真空管の個性的なキャラクターを音源に付加する、ステレオEQです。これはThermionic Cultureユーザーからフィードバックを基に開発されたユニットであり、トータルEQとして厳選された機能を搭載しています。
配備されたノブは全てステレオコントロールであり、L/Rのバランスに気を使うことなく、思うままにステレオソースのトーンシェイピングが行えます。出力段のトリムコントロールのみ左右独立のレベル調整が可能で、ここはあえてコントロールが可能な余地を残しています。

・Purple Bustard
Fat Bustardサミングミキサーの機能を絞り込んだ本機は魅力的な価格帯を実現しながら、Fat Bastardで定評のあるシグナル入力セクションとAttitudeコントロールを搭載した意欲的なプロダクトです。
入力も増えており、純粋なサミング機能に特化しています。

News

【期間限定】KLH社製ヘッドフォン「Ultimate One」をご利用いただけます!

アベンドート・インターナショナル様のご協力により、期間限定でお試しいただけます。
レコーディングに使用しなくても結構ですので、是非お試しくださいませ。

KLH社製ヘッドフォン「Ultimate One」

Ultimate Oneは、50mmのピュア・ベリリウム・ドライバーを搭載したオープンバック・デザインのオーバーイヤー型ヘッドフォンです。ヘッドバンドとイヤーパッドの内側には高級ラムスキン、外側には最高級のカウハイド・レザーを合わせて究極の快適さと装着感、そして最高レベルの耐久性を実現しています。ゼブラ・ウッドのイヤーカップには本物の木材を使用し、人目を引く美しさと音響の完全性を両立しています。18Hz-22kHzのワイドな周波数特性を誇り、その美しいトップエンドと深いローエンドの繋がりによってHigh-Resプロダクションのリスニングからモニター用途にまで幅広く対応します。

https://abendrot-int.co.jp/klh/ultimateone/

News

「Creative World」スタジオ紹介映像が公開

ロサンゼルスで日曜日の18時に放送されている「Creative World」という番組でご紹介いただきました!
スタジオ代表の児玉のインタビューのほか、
スタジオエンジニアや各スタジオもご紹介いただいております。

スタジオ機材や、グランドピアノ「Steinway」の演奏風景なども!
ぜひご覧ください。

Yoko Kodama / Freedom Studio Infinity / Libera CW S2 Ep45 Part 1

News

「Creative World」インタビューpart2が公開

ロサンゼルスで日曜日の18時に放送されている「Creative World」という番組で、スタジオ代表の児玉をご紹介いただきました。
インタビューpart2が公開されましたので、ぜひご覧ください。

FREEDOM STUDIO INFINITYのAスタジオで収録していただきました。

Yoko Kodama / Freedom Studio Infinity / Libera CW S2 Ep44 Part 1

News

「Creative World」で紹介されました

ロサンゼルスで日曜日の18時に放送されている「Creative World」という番組で、スタジオ代表の児玉をご紹介いただきました。
FREEDOM STUDIO INFINITYのAスタジオで収録していただきました。

3週にわたり放送される予定です。

Yoko Kodama / Freedom Studio Infinity / Libera CW S2 Ep43 Part 1

News

Mercury Recording Equipment社製 EQとプリアンプ をご利用いただけます

Mercury Recording Equipment社製 EQとプリアンプ

マーキュリー・レコーディング・イックイップメント社は、Marquette Audio Labs(カリフォルニアヘイワード州)にて、ビンテージ機器を長年扱ってきたDavid Marquette氏により、2000年に設立されました。
今やほとんどの人が利用できなくなってしまった、本当に優れたヴィンテージ機器を、ゼロから構築し、提供すべき時が来たとの強い思いで設立されました。

この度、日本発売開始に先駆けて、代理店のミックスウェーブ様から、いち早く4機種をお借りできましたので、この機会に是非お試しいただければと存じます。

以下の4機種をご利用いただけます。

Mercury EQ-H1
Studio Program Equalizer。ビンテージPultec EQHを元にしたシングルエンドパッシブEQ。

Mercury EQ-P1
Tube Studio Program Equalizers。言わずと知れたPultec EQPを元にした、真空管パッシブEQ。オリジナルからの変更点として、I.S.T Switchにより、Inter Stage Transformerのオン・オフを切り替えられます。

Mercury M72s Mk. IV
アビー・ロード・スタジオで、ジョージ・マーティンが初期のザ・ビートルズのレコーディングで使用したREDDコンソールのオリジナルTelefunken/Siemens V72sをベースにしたモデルです。

Mercury M76m Mk. IV
今でも非常に人気の高いTelefunken/Siemens V76mをベースにしたモデル。オリジナルにはない3段階のゲインコントロールステージにより、非常にフレキシブルな音作りをすることが出来ます。

マーキュリー・レコーディング・イクイップメント社のサイトはこちら(英語サイト)。
https://www.mercuryrecordingequipment.com/about/