1. Home
  2. Video

Video

スタジオ配信機材のご案内

5Gの時代を見据え、UltaraHD30P、HD60P、SDに対応。​ 映画、放送業界で使用されているカメラ映像・配信機材のトップメーカー「ブラックマジックデザイン」の機材を導入しております!​

配信時はスタジオレコーディングクオリティのサウンドで配信可能です。
記録した映像はレコーディング風景を使ったMVや特典DVD、Youtube用などに幅広く使用頂けます。

スタジオのスタッフでライブ配信のお手伝いが可能です。ぜひ、ご利用ください!

配信機材のご案内(PDF)

レコーディングスタジオでライブ配信する意味

Mixer : SSL SL-4056G-TRを中核に豊富なアナログ機材常設

一般的な配信スタジオやライブハウスではこだわりきれないサウンド面も、アーティストが納得のいく最高音質で配信が可能。
だからといって映像設備や照明にも妥協はなく、スタジオにおける利便性も追求したシステムを導入しています。

例 : アナログとデジタルの優位性をうまくあわせ、リハーサルをProtoolsに録音、リハ後に再生し配信までの時間に納得のいくサウンドに仕上げられます。Protoolsを経由しAAXDSPプラグインを差したまま配信することもできます。

※ビデオとの同期をとるため遅延補正は限界があります

4K UHD配信・収録を見据えた機材群 -Camera-

Camera : Micro Studio Camera 4K(常設6台 最大10台使用可)

高さ2.57インチ、幅3.25インチ、奥行き2.74インチ、重さ304gのデザインは、世界で最も小さいUltra HD放送用スタジオカメラです。マウントはMFT。
カメラの上面・下面には1/4インチのマウントポイントが2つあり自由度のある角度で設置可能。

スイッチャーからのSDIプログラム入力を使用して、MFTレンズのアパーチャー、フォーカス、ズーム(対応レンズのみ)をリモートコントロールできます!

ATEMで操作することで、接続した全てのカメラのシャッターが連動することになり、シャッターずれがおきません。

4K UHD配信・収録を見据えた機材群 -Switcher-

Switcher : 10カメをスイッチング

SDI10系統 HDMI1系統(アクティブ10まで)のスイッチャーATEM 1 M/E Production Studio 4Kを常設し、最大10カメによる飽きない絵作りが可能。

ATEM 1 M/E Advanced Panelを使用し、一体型スイッチャーと変わらない操作性でスイッチングできます。
もちろんお持ち込みの慣れ親しんだスイッチャーをお使いいただくことも可能です。

スタジオ常設のSDI回線を使用される場合、映像ラックに設置のSDIより8系統ご提供可能です。詳しくはご相談ください。

4K UHD配信・収録を見据えた機材群 -Recorder-

Recorder : HyperDeck Studio Mini 10台 Video Assist 7” 12G HDR 2台

後編集用のマルチ収録から当日の配信のバックアップ、映像の持ち込み素材のプレイバックまで柔軟に対応。

配信のみならず、レコーディングしながら映像もまわしておくことで、後編集して映像コンテンツを制作したり、レコーディング後のラフミックスでマルチカメラであてぶり撮影することで、スタジオMVを制作したり、できることは多岐にわたります。

コンテンツ制作におけるコストの圧縮に貢献できます。

マルチ収録時はProRes、DNx、H264をサポート、HTPER DECK Controlにより、8台までを同時にレコード開始できます。

HyperDeckにて128GBのSDカードに 1080p30でレックした場合

HyperDeckが対応できる記録フォーマット

SDビデオフォーマット
525i59.94 NTSC、625i50 PAL
HDビデオフォーマット
720p50、720p59.94、720p60
1080p23.98、1080p24、1080p25、1080p29.97、1080p30、1080p50、1080p59.94、1080p60
1080PsF23.98、1080PsF24、1080PsF25、1080PsF29.97、1080PsF30
1080i50、1080i59.94、1080i60
Ultra HDビデオフォーマット
2160p23.98、2160p24、2160p25、2160p29.97、2160p30

145 MXF、DNxHD 45 MXF、DNxHR HQX、DNxHR SQ、DNxHR LB、DNxHR HQX MXF、DNxHR SQ
MXF、DNxHR LB MXF ProRes 422 HQ QuickTime、 ProRes 422 QuickTime、ProRes 422 LT
QuickTime、ProRes 422 Proxy QuickTime。ProRes 4444 QuickTime(HD、フィル&キー再生)、 H.264(720p、1080p)

※SDカードをお持ち込みいただく場合は記録したいフォーマットにより対応メディアが異なります。 お問い合わせください。
当スタジオではUHS-II/U3 Upto300MB対応128GB SDカードを12枚ご用意しております。
収録でお貸出しした場合、そのまま持ち帰りいただくことはできません。
当スタジオ内で一度お持ち込みのHDDにコピーし、SDカードをご返却願います。
VideoAssistによるH264収録は対応しておりません。

明かりへのこだわり… レコーディングスタジオ世界初導入のムービングLED照明

照明 :「SALIOT(サリオ)」を導入

レコーディングスタジオへの導入は世界でも初めてということで、静音にもこだわりレコーディングスタジオに適した『SALIOT』を作ってくださいました。

映像収録ではもちろんのこと、レコーディングの際にムードを変えたい時、曲に合わせて照明を変えたい時など、より音楽制作に集中できる環境を整えていただくため、ぜひご活用ください。
iPhone, iPadのアプリで、コントロールームから、色、向き、配広角も変えられ、シーンを保存し曲中でのコントロールも可能。

発想次第でできることも多岐にわたります。

常設された映像配線

SDI 1入力1出力 カメラを壁面に固定できる金具を備えています。
SDI 1入力1出力
SDI 8入力 1出力 メインフロアの壁面に設置してあるパネル
SDI 7入力 8出力 HDMI 1入力 マシンルームのラックに入っているパネル

天井に魚眼レンズを搭載したMicro Studio Cameraをとりつけてあります。
赤、水色、緑、青、全てのポートはマシンルーム内のSmart Videohub 40×40に集められているため、柔軟なルーティングが可能。

Ast カメラ配置案

各画像をクリックで、PDFダウンロードが可能です。

previous arrow
配置案 1
Vo. 5人編成  メインブースにて⼀列
Vo5人編成
配置案 2
6パート ソーシャルディスタンス 各ブースで演奏
Dr ブースin  ※Vo重視。全体の⾒える配置
配置案 3
6パート Dr ブースin

※Vo重視。全体の⾒える配置。
Vo, Gt, Bass,Key は配置⾃由です。

Dr ブースin  ※Vo重視。全体の⾒える配置
配置案 4
6パート ステージ仕様
Dr ブースin  ※Vo重視。全体の⾒える配置
配置案 5
6パート 奥⾏きを作り撮影
Dr ブースin  ※Vo重視。全体の⾒える配置
配置案 6
6パート ソーシャルディスタンス配置
Dr ブースin  ※Vo重視。全体の⾒える配置
配置案 7
Vo. & Pf.  メインブースにて
メインブースにてVo. &  Pf.
配置案 8
4パート メインブースにて

※Vo重視。全体の⾒える配置。
Vo, Gt, Bass,Key は配置⾃由です。

Dr ブースin  ※Vo重視。全体の⾒える配置
next arrow
配置案 1
配置案 1
配置案 2
配置案 2
配置案 3
配置案 3
配置案 4
配置案 4
配置案 5
配置案 5
配置案 6
配置案 6
配置案 7
配置案 7
配置案 8
配置案 8
previous arrow
next arrow

・赤い丸の部分はカメラを繋ぐ⾚い丸の部分はカメラを繋ぐSDIポート設置位置です。
・⻘い⽮印は仮ですがカメラの向きです。
・一脚を⼀脚を6つご⽤意しておりますので、各カメラ移動可能です。
・ロビーにもロビーにもSDIポートを1⼝・サウンドロックにも1⼝⽤意していますので、MCトーク時にはロビーでの収録が可能です。
・コントロールルームでアーティストが話している会話なども撮影可能です。
・ピアノはメインブースに移動可能です。

業界標準の配信ソフトウェア

配信専用PC : Mac mini 3.0GHz 6コア Core i5 64GB/1TB 2台

スイッチャー用ディスプレイ : マルチビューディスプレイ、配信用ディスプレイの2画面を設置。
クライアント様用配信ディスプレイはCR前面の4KTVと、 サブディスプレイをお近くに設置できます。

役立つ便利な機能・機材

タリーランプ
Micro Studio Camera 4Kにはタリーランプが搭載されています。
配信時や撮影時に、演者が現在どのカメラがスイッチングされているのか、次にどのカメラを選択しようとしているのかを判断することができ、とても便利です。
saliotの追尾機能
演者に小型のIR deviceを持って動いてもらうと、照明がそれを追尾します。配信中にサプライズでケーキを持ち込む時のスタッフさんが持ったり、照明の角度を設定する際、指定の場所でIR deviceを持ってアプリで設定すればわずらわしい設定を簡略化でき便利です。
トークコーナーは別場所で・・・
Artist LobbyにもSDI端子を設置しています。MainFloorで演奏し、トークはLobbyで配信のレスを大画面テレビで見ながら・・・なんてこともできます。Sound LockにもSDI端子があるので、色々工夫できます。
設定したABポイントを自動往復する電動レール
上下や斜め、前後ろなど動きが欲しい時にとても役に立ちます。カメラマンが少ない配信時には、これ一つあるだけで表現力が増します。もちろんBluetoothを使用してiphoneからコントロールすることもできます。
天井に設置された魚眼
LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTを装着したMicro Studio Camera 4Kをメインフロアの天井中心部に設置しています。普段見ることのできない天からの絵を配信に盛り込むことで、飽きさせない絵作りの手助けになります。

映像設備一覧

Camera

  • Black Magic Design
  • Micro Studio Camera 4K
  • 10

Switcher

  • Black Magic Design
  • ATEM 1 M/E Production Studio 4K
  • 1
  •  
  • ATEM 1 M/E Advanced Panel
  • 1

Recorder

  • Black Magic Design
  • HyperDeck Studio Mini
  • 10
  •  
  • Video Assist 7” 12G HDR
  • 2

VideoHub

  • Black Magic Design
  • Smart Videohub 40×40
  • 1

VideoInterface

  • Black Magic Design
  • UltraStudio 4K Extreme
  • 3

PC

  • Apple
  • Mac mini 3.0GHz 6コア Core i5 64GB/1TB
  • 1

Camera Monitor

  • Feelworld
  • FW568 HDMI (ピーキングフォーカスアシスト付)
  • 6

ズームレンズ

  • OLYMPUS
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO MFT
  • 2
  • Panasonic
  • LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm MFT
  • 3 リモートズーム対応
  • OLYMPUS
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO MFT
  • 2
  • OLYMPUS
  • 24-70mm F2.8 DG DN | Art EF
  • 1

単焦点レンズ

  • LAOWA
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFT
  • 1
  • OLYMPUS
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO MFT
  • 1
  • Panasonic
  • LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH MFT
  • 1
  • SIGMA
  • 16mm F1.4 DC DN | Contemporary MFT
  • 1

レンズアダプタ

  • Commlite
  • CM-AEF-MFT Booster 0.71X AF対応 電子接点付き
  • 1
  •  
  • CM-AEF-MFT F対応 電子接点付き
  • 1

一脚

  • INNOREL
  • VM75CK カーボン製自立型一脚
  • 6

三脚

  • Libec
  • RS250DM ミッドスプレッタータイプ
  • 1

電動レール

  • ASHANKS
  • 80cm Bluetoothコントロール 設定箇所の自動往復
  • 1

天井照明

  • ミネベアミツミSALIOT
  • WS51161 カラー対応
  • 6
  • SALIOT
  • MS-V6D83MB-BB
  • 9

照明

  • Neewer
  • B07CNXSZK4 LED 3200K-5600K 3360Lux/m スタンド有
  • 6

配信機材のご案内(PDF)